ファクタリングを利用する大きなメリットは

subpage01

一般的に企業同士の取引は現金払いではなく掛売りによる取引で、最初に交わした契約によって3〜6ヵ月後に入金するという支払期日が設けられます。1、2ヶ月後という契約もありますがそれは少なく、販売・サービスを提供してからおおよそ3〜6ヵ月後の支払期日になります。


これがいわゆる売掛金や売掛債権と呼ばれるもので、中小企業などは売掛金が入手されないと営業活動や開発費が足りない状態に陥りやすく、会社運営が圧迫されることがあります。

ファクタリング会社の比較

この売掛金を買取って現金化してくれるサービスがファクタリングと呼ばれるもので、かなり以前からあったものですが、近年周知され、早く現金化できる利便性の良さなどから取扱う会社が多くなりました。



ファクタリングのメリットは第一に簡単に資金調達ができることで、販売やサービスを提供した売掛金さえあれば、比較的緩い審査を行った後現金が入手できるシステムです。


銀行などの金融機関から借りるときはさまざまな書類、あるいは担保などを準備し、審査に時間がかかり、1ヵ月程度の時間がかかりますが、ファクタリングは売掛金さえあれば、審査後直ちに現金化できるのです。そのため売上げはあるのに、入金が待ちがある売掛金が多大にあって資金ショートするというトラブルから回避できるメリットがあります。

ファクタリングを利用するときは当然ですが手数料がかかり、これは銀行などの金融機関よりは高いことが多いです。


売掛金の数%〜数十%など安いものから高いものまでありますが、数日で現金化できて会社運営資金に充てる大きなメリットがありますので、うまく利用することで大幅なキャッシュフローの改善が可能になるのです。



金融機関から融資を断られた、表面に出ないよう現金を入手したいなどの目的があるときに便利に使えるシステムがファクタリングです。