ファクタリングのメリットとデメリット

subpage01

商品やサービスを提供することで売り上げをあげるのがビジネスです。
店舗での取引でもない限り現金のやり取りではなく債権として取り扱われ、現金化するまでにある程度の期間を要します。
たまに耳にする話として、売り上げはしっかり確保しているのに、資金不足で倒産する企業があると言うものです。


仕入れにも現金が必要ですし、人件費として給与を支払う必要もあります。


売掛債権のままではその資金繰りができないと言うリスクがつきまといます。

ファクタリング会社

そこで活用できるのがファクタリングと言われるサービスです。
ファクタリングは、売掛債権を自社ではなく他社に渡して回収してもらったり、買い取ってもらって即時に現金化してもらうことができるサービスです。

どちらのサービスでも売掛債権が焦げ付くことを防ぐことができるメリットがあります。

企業の運営には現金が必ず必要です。



最低限必要な資金を売掛け債権から現金化することで倒産を免れることができます。

それが最大限のメリットと言えます。


ファクタリングのデメリットは自社で回収した時に得られる売り上げよりも少なくなると言うものです。サービスを利用するには手数料を必要とします。



その分は支払う必要があるので得ることができなくなります。
そのマイナス分を差し引いても現金化する必要があるかを検討しなければいけません。

実際には現金を得ることが優先される状況が多いため許容すべきリスクとして処理するしかないのが現実になります。