ファクタリングは取引形態も考慮して選ぶ

subpage01

ファクタリングを利用するなら2社間と3社間のどちらを選ぶかが重要なポイントになってきます。両者の決定的な違いは契約先に対して、売掛債権を譲渡する旨が伝わるかどうかです。


2社間の場合は契約先には伝わりませんが、3社間の場合は伝わることになります。

素早い資金調達、回収・取立ての代行といったメリットを期待するなら3社間のサービスがおすすめですが、取引先に知られたくない場合は2社間のサービスを選ぶことになります。取引先に売掛債権譲渡の事実を知られてしまうと、運営が厳しくなっていると思われかねません。

今後の取引にマイナスに作用する場合がありますから、ここは慎重に考えていく必要があるでしょう。

話題になっているファクタリングの評判の声をいただいています。

資金力に十分な余力があるならファクタリングを利用する必要はないため、ファクタリングの話が出てくる時点でキャッシュフローが不安定であることがわかります。
ファクタリング会社によって取引形態が異なりますので、2社間と3社間のどちらに対応しているのか確認しておきましょう。
ファクタリングの人気は近年急激に高まっていますが、これは素早く資金調達ができるためです。

従来はビジネスローンが活用されることが多かったですが、審査に時間がかかるという問題がありました。

キャッシングやフリーローンなどは審査がスピーディーですが、高金利で借入限度額が少ないという問題があります。



またこれらのローンは総量規制の対象にもなるので、高額を調達するには向いていません。